メディカル

【新型コロナウイルス】そもそもウイルスてなに?

はなこ
はなこ
コロナウイルス怖いよ…
たろう
たろう
日本でも流行ってきているよね。
はなこ
はなこ
そもそもウイルスってなに?細菌のこと?
たろう
たろう
いい質問だね。今回はウイルスについて解説していくよ。

中国から発症した新型コロナウイルスは、いまや日本でも流行しています。今後も個人の対策が必須となります。自分の身は自分で守れるように、ウイルスについて一緒に学びましょう。

ウイルスと細菌は全くの別物

細菌とウイルスは、全くの別物です。一見同じに思えますが、この違いを把握しておかなければ、コロナウイルスの対策はできません。

それではまず、細菌について説明していきます。細菌は、ウイルスよりも大きいが、目で見ることはできない小さな生物です。一つの細胞でできているので単細胞生物と呼ばれます。ちなみに人間は、37兆個もの細胞でできています。

また、細菌は栄養源さえあれば、自分と同じ細菌を生み出すことができます。細菌と細菌が合体するわけではありません。

人の体に侵入して病気を起こす有害な細菌もいます。

一方で人の生活に有用な細菌も存在します(納豆菌など)。人の体には多くの種類の細菌がいて、皮膚の表面や腸の中の環境を保っています。

ヒトに病気を起こすことがある細菌として、大腸菌、黄色ブドウ球菌、結核菌などが知られています。

抗菌薬(抗生剤、抗生物質)は細菌を退治するための薬です。

抗菌薬が効かないもしくは効きにくくなった細菌のことを薬剤耐性菌といいます。これまでなら効くはずの抗菌薬が効かなくなると、感染症の治療が難しくなるだけでなく、手術の時や抗がん剤治療で免疫が低下したときの感染予防など、さまざまな医療が困難になります。

続いてウイルスの説明です。

細菌の50分の1程度と、とても小さく、自分で細胞を持ちません。

ウイルスは細胞すら持たないんですね。

ウイルスには細胞がないので、他の細胞に入り込んで生きていきます。ヒトの体にウイルスが侵入すると、なんと、ヒトの細胞の中に入って自分のコピーを作らせます。

たくさんのウイルスができると、ほかの細胞に入りこみます。このようにして、ウイルスはどんどん増殖していきます。

ヒトに病気を起こすことがあるウイルスとして、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、コロナウイルスなどが知られています。風邪(普通感冒)はさまざまなウイルスが原因となります。

ウイルスは大きさや仕組みが細菌と全く異なるので抗菌薬(抗生剤、抗生物質)は効きません抗ウイルス薬はまだ少数しか開発されていません。

細菌とは

① 細胞をもつ

自分で増えていく

③ 抗生剤(抗生物質)が効く

ウイルスとは

① 細胞をもたない

寄生して増えていく

③ 抗生剤(抗生物質)が効かない

たろう
たろう
ウイルスと細菌は、構造、増え方が全く違うんだ。
はなこ
はなこ
だから、風邪には抗生剤は意味がないんだね…。
たろう
たろう
そうそう。
はなこ
はなこ
じゃあ新型コロナウイルスにも、抗生剤は意味がないってことね。

ウイルスの種類

ウイルスは簡単に分けると、エンベロープを持つウイルスと、エンベロープを持たないウイルスに分けることができます。

はなこ
はなこ
エンベロープってなんやねん
たろう
たろう
聞きなれないよね。エンベロープはウイルスを守っているアブラのことだよ。
はなこ
はなこ
え、、じゃあアブラ汚れ的な洗っちゃえばいいんじゃない?
たろう
たろう
その通り!アブラを落とせば倒せちゃうよ!

ウイルスは細胞を持たない代わりに細菌にはない、エンベロープという構造を持ちます。エンベロープは大部分が脂質からできています。

エンベロープを持つウイルス

単純ヘルペスウイルス

インフルエンザウイルス

新型コロナウイルス など

エンベロープを持たないウイルス

ノロウイルス

アデノウイルス など

新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスと同じで、エンベロープを持つウイルスであるということがわかりました。エンベロープ(アブラ)を取り除くことができれば、新型コロナウイルスを予防することができます。

エンベロープ(アブラ)に対して、手指のアルコール消毒が有効です。アルコールはエンベロープを壊します。

よって、コロナウイルスに対して、こまめなアルコール消毒は手指から粘膜への接触感染を予防することが可能です。

新型コロナウイルスの対策

はなこ
はなこ
結局エンベロープを持つ新型コロナは、どう対策すればいいの
たろう
たろう
基本的に風邪と同じように、身近なことからが大切だよ。
はなこ
はなこ
なら、身近な具体策を教えてよね
たろう
たろう
いつもより真剣だね。しっかり具体策を教えるよ。

新型コロナウイルスは風邪のウイルスの一つであり、ワクチンや治療薬がない今、一般的な風邪対策が必須となります。

マスクの着用

コロナウイルスでは感染予防、感染拡大予防に効果があります。ちなみにインフルエンザウイルスは感染拡大予防しか効果はなく、感染予防に効果はありません。

うがい

コロナウイルスには効果があります。実はうがいはインフルエンザウイルスには効果が乏しいと言われています。

手洗い

コロナ、インフルエンザウイルスどちらにも効果があります。

また手洗い→こまめなアルコール消毒をするとさらに効果的です。

不要な外出は避ける

人混みに行くこと自体がリスクです。もし行かれるのであれば、マスク着用し、こまめに手洗いうがいをしましょう。

まとめ

今回はウイルスと細菌の違いから、新型コロナウイルスの対策までをまとめました。

現在、新型コロナウイルスについては、様々な憶測とデマが流布しています。情報を得る上で注意していきたい点として

  1.  正確な情報を信頼できる情報源から最新の情報を得ること
  2.  憶測やデマに惑わされないこと
  3.  パニックにならないようにすること

情報源として参考にしているサイトは以下となります。

うがい、手洗い、マスク、情報で感染から身を守りましょう。