メディカル

パントテン酸

パントテン酸とは

 パントテン酸は、水にとける水溶性ビタミンのひとつです。パントテン酸の名前は、広くどこにもあるという意味であるといわれ、その言葉の通り動植物食品に広く含まれています。

パントテン酸の働き

 パントテン酸は、糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助する役割をしています。また、コレステロール、ホルモン、免疫抗体などの合成にも関係しています。これらのことから、皮ふや頭髪の健康維持を助ける働きもしています。

パントテン酸が多く含まれている食品

 パントテン酸は、広く食品に含まれますが、特に多いのはレバー、納豆、さけやいわしなどの魚介類、肉類、卵などです。

パントテン酸の摂取量

 不足すると、成長障害、手足の知覚異常、頭痛や疲れなどがおこることが知られていますが、広く食品に含まれることから、通常の食生活で欠乏症はめったにありません。
一方、とり過ぎた場合の有害な影響はほとんど報告されていません。ただし、薬やサプリメントで大量に摂取する場合は、吐き気や食欲不振の報告もあるため、適切なご利用方法をこころがけてください。

【ビタミンとは?】知っているようで知らない、13種類のビタミンまとめ皆さんは「ビタミン」について、知っていますか? では早速、ビタミンについて説明してください。 どうでしょうか、なんとなく知っているようで...